お寿司屋さん

年少組のあるクラスでお寿司屋さんをやっているクラスがあります。

photo:01

写真をよく見ると、お茶が並んでいるのが分かりますね。
このクラス、10月頃から長い事この遊びを行っています。

最初はお寿司作りから始まり、徐々にお店になっていきました。
保育者がした事は、お寿司の本を置いておいたり、テーブルを出す、子どもが欲しいと言った材料を出すくらいです。

あとは子ども達が考えて遊びながら作り上げていきました。

今では・・・。

photo:02


なぜか、厨房に入る為のトンネルがあります。前日にしていたお家ごっこ?と合体したそうです。子どもの遊びに大人が意見をしだすと、こういう発想にはなりません。

想像力を豊かにする為に、大人が出来る事は環境設定です。その中から子どもたちが自由に選択し、考え、工夫する事で遊びが広がり、深まっていきます。

見た目が派手な遊びをすれば良いって物でもありません。大切なのは子どもの遊びの中にどんな物語があるのかを良く見る事ではないでしょうか。表情や行動を見ていると色々と発見があるかもしれませんね。

cale

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031